MENU

page04_title01
歯周病菌が身体のさまざまな病気に影響していることがわかってきています。
中でも、特に注目を集めているのが生活習慣病との関係!!
歯周病予防がそのまま生活習慣病を防ぐことにつながるのです。

メタボリックシンドロームとは、生活習慣病のもととなる内臓脂肪型肥満に、高血糖、高血圧、脂質異常の2項目以上がある場合にあてはまるとされています。放っておくと動脈硬化が進み、脳卒中や狭心症・心筋梗塞などの心臓病の危険が高まります。こうした危険な状態を招かないためにも、メタボリックシンドローム対策が重要とされています。 このメタボリックシンドロームが、歯周病と影響しあっていることがわかってきています。

メタボリックシンドロームとは、生活習慣病のもととなる内臓脂肪型肥満に、高血糖、高血圧、脂質異常の2項目以上がある場合にあてはまるとされています。放っておくと動脈硬化が進み、脳卒中や狭心症・心筋梗塞などの心臓病の危険が高まります。こうした危険な状態を招かないためにも、メタボリックシンドローム対策が重要とされています。
このメタボリックシンドロームが、歯周病と影響しあっていることがわかってきています。

「規則正しい食事をする」、「間食を減らす」、「よく噛んで食べる」など、正しい食生活をすることは、歯周病予防の基本です。 またこれは歯周病ばかりでなく、肥満の予防、解消にもなるのです。 肥満も歯周病も、メタボリックシンドロームのリスクファクターですので、まさに一石二鳥!!

「規則正しい食事をする」、「間食を減らす」、「よく噛んで食べる」など、正しい食生活をすることは、歯周病予防の基本です。
またこれは歯周病ばかりでなく、肥満の予防、解消にもなるのです。
肥満も歯周病も、メタボリックシンドロームのリスクファクターですので、まさに一石二鳥!!

ひとくち
一口30回噛んで、肥満と歯周病を予防しましょう。
「規則正しい食事をする」、「間食を減らす」、「よく噛んで食べる」など、正しい食生活をすることは、歯周病予防の基本です。
またこれは歯周病ばかりでなく、肥満の予防、解消にもなるのです。
肥満も歯周病も、メタボリックシンドロームのリスクファクターですので、まさに一石二鳥!!